【2023年レパードステークス】注目馬分析

【注目馬分析】2023レパードステークス注目馬分析

どうもおちょぼ口です。
一足早く夏季休暇に入りました!ぐだぐだカフェに来てブログを書いています笑
日曜日から九州へ旅行に行くので、休みを活かして予想はばっちりしていきます。
それでは今週の注目レースである「レパードステークス」の注目馬分析やっていきましょう!

正直ダートはほぼやらないので、めっちゃ苦手です。。
先に言い訳をしておきます笑
色々突っ込んでもらえると嬉しいです~

レパードステークスとは

過去のレパードステークス

3歳ダート適性馬の出走機会の拡大、夏季競馬の振興およびジャパンカップダート(現チャンピオンズC)を頂点とする秋季ダート路線のさらなる充実を図る観点から、2009年に新設された3歳馬限定の重賞で、新潟競馬場・ダート1800メートルを舞台に行われる。負担重量は有力馬の参戦を促す観点から、馬齢重量に設定されている。

競走名のレパード(Leopard)は、イギリス国王の紋章である盾の脇に描かれている獅子。また、「豹」を意味する英語。古代ローマでは、豹の息には不思議な香りがあるとされ、それによって動物たちを狩ることができると恐れられた。その香りに対抗できる唯一の動物がユニコーンだと信じられていた。

https://jra.jp/keiba/thisweek/2023/0806_1/race.html
JRA レパードステークス 歴史・コース

ユニコーンSとレパードSはそんな関係性なんですね。。

コース特徴

新潟・ダート1800m

ホームストレッチの入口付近にゲートが置かれて、1コーナーまでの距離は約390メートル。バックストレッチは約400メートルあって、ゴール前の直線は353.9メートル。直線部分の距離はそれぞれ長いが、コース1周の距離自体は1472.5メートルとローカル競馬場としては平均的だ。裏を返せば、各コーナーがタイトでカーブがきついということである。3コーナーへの進入で一旦ブレーキを踏んで、4コーナーから直線に向けて再び加速していく、というレース展開になるので、脚を細かく小出しに使う必要がある。直線距離自体は長いものの、不器用なタイプはトップスピードに乗る前にレースが終わってしまう。機敏に動ける立ち回りの上手さが求められるコースだ。

https://jra.jp/keiba/thisweek/2023/0806_1/race.html
JRA レパードステークス 歴史・コース

今年のレパードステークス

今年も新潟競馬場で行われます。
ただ、前走ジャパンダートダービー・ユニコーンS組のエントリーが無いという異常事態。
近年のデータを鵜呑みにすると馬券は当たらないでしょう。
このレースに合う相性や適正、状態面などを重視して馬券を組み立てたほうがよいと思います。
また、来年からジャパンダートダービーから改称されるジャパンダートクラシックへの優先出走権も適用されない年なので、勝負気配が読みづらいです。
とりあえず出走する馬よりこのレースを目標に調整した馬を狙いたいですね。

ハイペースになりやすい傾向なので、追走できて且つポジションを維持、上げられるような追走力の高い馬を狙いたいところ。
というわけで、今年は大荒れ想定で考えていきたいです。

買いたい馬の見解

現時点の注目馬を評価していきます。今のところですからね!!
ただ、一般的なS,A,B評価だとBが来たときになんとも言えない空気になるので、現時点で馬券的に買いたいと思っている馬だけピックアップします。

3番人気想定 エクロジャイト

前走鳳雛S(リステッド)の勝ち馬。
ここ3走前から逃げることが出来るようになり、自分の競馬が見えてきた印象。
基本的に先行有利なレースなので、スタート後の直線も長く位置は取ることができ、展開は恵まれると思います。
1番人気かほぼ同オッズの2番人気になるのではないかと思います。
荒れる予想と書きましたが、馬券の軸としてはこの馬かなという印象。

8番人気想定 ライオットガール

前走マレーシアC(3勝クラス)4着馬。
昇級初戦、唯一の3歳、牝馬で勝ち馬と0.3秒差と、力を見せました。
過去レースの格が大きく影響する本レースでは、前走結果だけで買う必要があるでしょう。
おそらく5,6番人気10倍程度になると思うので、オッズ次第で厚めに買いたいところ。

4番人気想定 オメガギネス

前走中山1800m(1勝クラス)勝ち馬。
デビュー2連勝の上がり馬。この勢いで重賞勝利なるか。
馬券的には人気してしまう馬柱なのであまり買いたくないですが、前走は非常に強く3番人気くらいであれば強めに買いたい。
前走は出遅れてしまいポジションを変えられない位置取りになりました。本当は1列外側からまくっていき楽に勝てたと思います。追走力が非常に高く、Mペースながらも余裕で前についていき直線で外に出して圧巻の末脚。
休み明けが不安ですが、調整がうまくいきスタート出れば1着じゃないでしょうか。

11番人気想定 ハッスルダンク

前走天の川賞(2勝クラス)6着馬。
1番人気に推されながらも掲示板に乗れませんでした。
前走は先行外の馬が好走する展開で、1700mのハイペースについていけず直線伸びを欠きました。
1800mに戻ることはプラスで、もう少しペースがついていける流れになる今回は狙えます。
本来前目で上がりを使える馬なので、この人気のままなら複勝1点でよいのではと思っています。
鞍上は不安ですが、枠次第で強く評価したい。

さいごに

おちょぼ口は期待値に重きを置いています。
上位人気だけで決着しそうなレースはやらないか、やっても少額にしています。

買いたかった馬が何頭か抽選漏れしてしまい、少し落ち込んでいるおちょぼ口です。
が、そんなの関係ねえ!馬券は当ててなんぼですから!

明日か明後日、初めての全頭評価順をアップしたいと思います。
お楽しみに!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました